/

この記事は会員限定です

アスク インドで山形のコメ栽培、輸出機運を醸成

地域発 世界へ

[有料会員限定]

米穀卸のアスク(山形市)はインドでコメの栽培を始めた。コメの国内消費量が減るなか、酒米の品種改良など関連事業を広げてきた同社にとって海外生産は次の一手。目的は安価なコメの輸入ではなく、日本からの輸出促進だ。「日本のコメを安価な価格で味わえば、いずれ日本産のコメの購入につながる」(河合克行社長)と期待を寄せる。

山形市近郊の自社の試験・調査田に5月、2人のインド人の姿があった。インドでアスクのコメ栽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン