2019年3月27日(水)

官僚哀史 はびこる慣習、衰えゆく組織
政と官 細る人財(1)

2018/9/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

残業100時間超えは42人――。厚生労働省の労働基準局では6月、過労死につながりかねない長時間労働が続出した。安倍政権が重視する働き方改革関連法の国会審議が山場を迎えていたためだ。働く人の健康を守る役割を負う同省は「強制労働省」と呼ばれる。

労働政策をまさに担当する現場で「官僚哀史」ともいえる過酷な働き方がはびこる理由の一つは、「決裁は紙で」という古い意識が残るためだ。

厚労相らの国会答弁の準備…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報