2018年11月21日(水)

100歳以上、女性が88% 人口比では島根が最多
全国で6万9785人

経済
2018/9/14 10:38
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は14日、全国で100歳以上の高齢者が「老人の日」の15日時点で6万9785人に上ると発表した。2017年から2014人増え、48年連続で過去最高を更新した。医療の進歩や健康志向の高まりで10年前に比べて約2倍に増え、女性が6万1454人と88%を占めた。

厚労省によると、国内最高齢は福岡市の田中カ子(かね)さんで115歳。男性の最高齢は北海道足寄町の野中正造さんで113歳。人口10万人あたりで最も多い都道府県は島根県の101.02人で6年連続トップ。鳥取県(97.88人)、高知県(96.50人)が続く。最も少ないのは29年連続で埼玉県(32.90人)だった。

男性の最高齢113歳の野中正造さん(13日、北海道足寄町)=共同

男性の最高齢113歳の野中正造さん(13日、北海道足寄町)=共同

100歳以上の高齢者は国が表彰制度を始めた1963年は153人だったが、98年に1万人を突破。年間3千人ペースで増加を続けている。厚労省高齢者支援課は「人生100年の超高齢化時代を迎えており、健やかに生活を送れる健康寿命を延ばすことが今後の課題だ」と話す。

18年度中に100歳を迎えるのは17年度比144人増の3万2241人。女性が2万7788人と86%を占める。都道府県別では東京の2755人が最多。国はお祝い状と記念品の「銀杯」を贈る。銀杯は税金の無駄遣いを点検する「行政事業レビュー」で廃止を求められたのを機に、16年に純銀製から合金に銀めっきしたものに変えた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報