2019年9月20日(金)

アマゾンのベゾス氏、ホームレス・幼児支援に2200億円

2018/9/14 7:10
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=平野麻理子】アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は13日、ホームレスや幼児教育を支援するため新たに20億ドル(約2200億円)の個人基金を立ち上げる計画を明らかにした。アマゾンの本社がある米シアトルではホームレスが急増しており、同社の事業拡大による家賃高騰が一因との批判に応える意味もありそうだ。

ベゾス氏が夫人とともに立ち上げる「デー・ワン・ファンド」では、ホームレスを助けるNPOを支援する。さらに低所得層向けの幼稚園を運営するネットワークを立ち上げる考えだ。

ベゾス氏は米誌フォーブスの2018年の世界長者番付で首位。1120億ドルの資産を保有する同氏には「もうけすぎ批判」も高まっており、慈善活動への関わりを増やしつつある。今年1月には幼少期に親と不法入国した若者の就学支援に3300万ドルを寄付した。

ベゾス氏は13日、ツイッターに「もし私たちのひ孫が我々より良い生活をできないとしたら、何かが間違っている」などと投稿した。

IT起業家による巨額寄付では、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが15年に、保有する同社株の99%を慈善活動に使うと発表した。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も世界最大規模の慈善団体を立ち上げたことで知られる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。