/

この記事は会員限定です

不動産融資 投資用「少なくとも年度内停止」 スルガ銀・有国新社長

[有料会員限定]

スルガ銀行の有国三知男社長は13日、日本経済新聞のインタビューで、審査書類の改ざんなど不適切な行為が横行していた投資用不動産融資を「当面停止する」と述べ、少なくとも年度内は新規融資を自主的に凍結する考えを示した。社外取締役主導で経営できる会社法上の委員会設置会社への移行を検討し、創業家主導の企業統治(ガバナンス)を抜本的に見直す。

有国氏は不正の責任を問われ辞任した米山明広社長の後任として、9月7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン