/

この記事は会員限定です

「君が破綻なら次は私」重圧と闘ったモルガン前CEO

リーマン危機10年 当事者の証言5

[有料会員限定]

リーマン・ブラザーズの破綻後、米大手投資銀行は軒並み窮地に陥った。生き残りへ壮絶な闘いを繰り広げたのが、モルガン・スタンレーの最高経営責任者(CEO)だったジョン・マック氏(73)だ。命綱となった三菱UFJフィナンシャル・グループによる出資から10年後の今、自らの経験からどんな教訓を導き出すのか。

「流動性(の問題)が導いたコンフィデンス(信認)の危機だった。過剰なレバレッジ(借金による投資)に傾斜していた」

米投資銀5位のベアー・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1130文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン