/

ヤマハ発、大型三輪バイク ツーリング需要に照準

大型三輪バイク「NIKEN」にまたがる日高社長(東京都千代田区)

ヤマハ発動機が13日に発売した大型三輪バイク「NIKEN(ナイケン)」には、専用のステアリング機構など新開発の技術を盛り込んだ。三輪バイクは通勤・通学向けのスクーターに続き、ツーリング向けを投入することで、新たな需要を開拓する。

新機種はカーブを曲がる際に運転者が車体を傾ける角度を大きくするため、2つの前輪の内輪差を生じさせずに同心円を描いてスムーズに旋回させる「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用。安定性など三輪のメリットを生かしながら、2014年に発売したスクーター「トリシティ」より大きく傾けられるようにした。

排気量は845cc。高速走行時にアクセルを操作せずに済む「クルーズコントロールシステム」など、二輪のツーリングバイクの機能も搭載した。

日高祥博社長は「大型二輪に慣れた人が対象になるが、グリップ感の違いなどを体験してほしい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン