2019年5月22日(水)

地域再創造のモデルを 日本社会事業大学長 神野直彦氏
人口ゼロからの再生 原発被災地へのヒント 未来を考える(下)

2018/9/13 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人口の減少ではなく突然の「ゼロ」を経験した東京電力福島第1原発事故の被災地は社会課題の先進地とも呼ばれる。世界が持続可能な新たなコミュニティーを模索する中で福島はどんな役割を持ちうるのか。日本社会事業大学の神野直彦学長(72)に聞いた。

――福島の役割をどうみていますか。

「地域が『ご破算』になる思いを味わった福島に、世界に開かれた新しいコミュニティーのモデルをつくってほしい。再生というより再創…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報