2018年10月20日(土)

千葉市、市内私大組織と連携 地域活性化後押し

南関東・静岡
2018/9/13 22:13
保存
共有
印刷
その他

千葉市は13日、千葉市内を中心とした私立大学・短期大学で構成された連携組織「ちば産学官連携プラットフォーム(PF)」と連携協定を結んだ。複数の大学との連携体制をつくり、地域活性化に向けた具体的な取り組みを後押しする。

熊谷俊人市長(左)とPFの会長を務める淑徳大の磯岡哲也学長が協定書に署名した

市はこれまでも市内の大学と個別に連携してきたが、PFと連携することで各大学の特色を生かした横断的な連携が可能になる。

具体的には、学生と地元企業のニーズを取り入れた就活支援や、2020年東京五輪・パラリンピックで外国人や障害者に対応するボランティアなどでの協力を想定しているという。

協定書に署名した熊谷俊人市長は「(各大学が)一堂に会してコネクションができるのは前進になる。地域活性化や大学のブランド力向上について一緒に取り組んでいきたい」と述べた。

PFは9月中に商工会とも連携協定を結ぶ予定で、産学官の連携体制が整う見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報