マック氏「信認危機、未経験の事態」
モルガン・スタンレー前CEOに聞く

2018/9/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――リーマン・ブラザーズの破綻後、何が起きたのでしょうか。

「流動性(の問題)が導くコンフィデンス(信認)の危機だ。投資銀行は過剰なレバレッジ(借金による投資)を抱え、流動性が必要だった。ヘッジファンドによる株の空売りなどを通じ、さらに圧力が高まった。これまで全くしたことのないような経験だった」

「当局に空売り凍結を訴えたが、米証券取引委員会(SEC)首脳からは、学術研究によれば空売りは企業に長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]