2018年11月20日(火)

11/20 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ゴーン氏、高額報酬の常連[有料会員限定]
  2. 2位: 独自技術、少人数で稼ぐ 中堅の1人当たり利益上位[有料会員限定]
  3. 3位: 米国株、ダウ反落し395ドル安 ハイテク株が総崩れ、ボーイング株下落も重荷
  4. 4位: <米国>アップルが大幅安 新型iPhoneの発注を全機種で削減と伝わる[有料会員限定]
  5. 5位: ドンキHD、ユニーに新しい風吹かせるか[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,821.16 +140.82
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,840 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月19日(月)14:18

官房長官「米中の動向注視」 APEC首脳宣言断念で[映像あり]

日銀 決済機構局長に金融機構局審議役の木村武氏

11月19日(月)13:01

[PR]

業績ニュース

M&A「のれん」費用計上の義務化検討 国際会計基準
見直し、21年にも結論【イブニングスクープ】

2018/9/13 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際会計基準(IFRS)を策定する国際会計基準審議会(IASB)が、企業買収を巡る会計処理の見直しに着手したことが明らかになった。買収代金のうち相手企業の純資産を超えて支払った「のれん」と呼ぶ部分について、費用計上義務付けの議論を始め、2021年にも結論を出す。大型のM&A(合併・買収)が相次ぎ、企業財務への影響が強まっていることを考慮した。欧州中心に広がるIFRS採用企業には業績の下押し要因と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム