2019年3月19日(火)

3/19 5:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: バフェット氏の最新助言「米国の強みとコストの怖さ」[有料会員限定]
  2. 2位: リース基準に揺れる市場、企業価値の見極めに甘さ[有料会員限定]
  3. 3位: 「初」の敵対的TOB 光と影 (一目均衡)
  4. 4位: レオパレス、混迷深まる オーナー借り入れは2兆円規模[有料会員限定]
  5. 5位: 投信 縮まぬ日米格差 日本は「テーマ型」に偏重[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,584.50 +133.65
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,410 +170

[PR]

業績ニュース

M&A「のれん」費用計上の義務化検討 国際会計基準
見直し、21年にも結論【イブニングスクープ】

2018/9/13 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際会計基準(IFRS)を策定する国際会計基準審議会(IASB)が、企業買収を巡る会計処理の見直しに着手したことが明らかになった。買収代金のうち相手企業の純資産を超えて支払った「のれん」と呼ぶ部分について、費用計上義務付けの議論を始め、2021年にも結論を出す。大型のM&A(合併・買収)が相次ぎ、企業財務への影響が強まっていることを考慮した。欧州中心に広がるIFRS採用企業には業績の下押し要因と…

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム