/

この記事は会員限定です

自民総裁選 推薦人・政策の変化読み解く

[有料会員限定]

安倍晋三首相と石破茂元幹事長の一騎打ちとなった自民党総裁選は20日、投開票される。無投票再選を除くと総裁選を戦うのは両氏ともに3回目で、対決するのは2回目。一騎打ちは初めてだ。両氏のこれまでの総裁選を振り返り、立候補に必要な20人の推薦人や掲げた政策を分析した。

先に総裁選に臨んだのは首相だ。2006年に「子どもたちが誇りを持てる美しい国、日本をつくっていく」と唱えて立候補した。この時、首相は党幹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1626文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン