/

電子マネー10種の入金、セブンATMで Suicaなど

セブン銀行は13日、10月15日から全国のATMでSuica(スイカ)など電子マネー10種類の入金(チャージ)や残高照会をできるようにすると発表した。ATM利用者から手数料はとらず、セブン銀は電子マネー事業者から手数料収入を得る。キャッシュレス化の進展で利用が減るなか、ATMの多機能化を進めて顧客をつなぎとめる狙いがある。

対象となるのはPASMO、ICOCAなど交通系電子マネー9種と楽天Edy。レジでの支払いに電子マネーを使う利用者などを想定している。全国に設置しているセブン銀のATM約2万4000台が対象となる。

従来はnanacoの残高照会とチャージしかできなかったが、それを他の電子マネーにも拡大する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン