2018年11月18日(日)

塩野義、ロートから再生医療品の販売権

ヘルスケア
2018/9/13 16:42
保存
共有
印刷
その他

塩野義製薬は13日、ロート製薬が開発を進めている肝硬変の再生医療製品についてライセンス契約を結んだと発表した。国内での独占的な販売や発売後調査といった権利を得る。現在、病状が進んだ肝硬変に対する有効な治療薬はない。両社は幹細胞の投与で病状の回復が期待できるとみて連携する。

開発中の再生医療品は他人由来の脂肪組織の幹細胞から作る。他の幹細胞より入手しやすく製品を安定供給できる。ロートは新潟大学と臨床試験(治験)を進めている。塩野義は今後の開発を引き継ぎ、契約一時金や開発の進捗、売り上げに応じたライセンス料を支払う。発売後もロートが生産を担う。

塩野義は肝疾患の治療薬を手掛けるなど、医薬品の開発や販売の経験が豊富だ。ロートは自社での開発・販売体制に限界があるため、塩野義の医薬情報担当者(MR)を活用する考えだ。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報