/

マツキヨ、京成ストアとFC契約 千葉に1号店

マツモトキヨシホールディングス(HD)は13日、中核子会社のマツモトキヨシが、食品スーパーを展開する京成ストア(千葉県市川市)とフランチャイズチェーン(FC)契約を結んだと発表した。京成ストアが「マツモトキヨシ」の看板でドラッグストアを運営する。2018年度中に1号店を千葉市内に出す。

京成ストアは千葉県と東京都で食品スーパー「リブレ京成」を21店舗、FC契約するレンタルビデオ「TSUTAYA」を4店舗など運営している。リブレ京成幕張本郷店(千葉市)に併設する形で、1号店「ドラッグストアマツモトキヨシ幕張本郷店(仮)」を出店する。

マツキヨHDは売り上げ規模の拡大を目指し、特定地域に集中出店するドミナント戦略の一環としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン