冬季五輪26年招致断念 札幌市、IOCに伝達へ

2018/9/13 14:53
保存
共有
印刷
その他

2026年冬季五輪の招致プロセスに参加している札幌市が、招致断念の意向を17日に国際オリンピック委員会(IOC)に伝達することが13日、関係者への取材で分かった。30年大会招致に目標を切り替える方針。

スイスのローザンヌでIOCのバッハ会長と札幌市の町田隆敏副市長が会談し、北海道の地震被災を含め状況を説明する。日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長も同席する。

市は立候補に関心を持つ都市がIOCの助言を得ながら計画を練る第1段階「対話ステージ」に参加。31年春に予定される北海道新幹線の札幌延伸などに合わせてインフラ整備も進められるため、目標を変更する意向だった。

JOCは、30年大会を目指す上でもマイナスだとして、招致プロセスからの早期撤退に難色を示していた。市も、対話ステージが終わる今秋まで最終判断を先送りしていたが、6日に北海道で最大震度7の地震が発生したことが影響したとみられる。

26年大会を巡っては、カルガリー(カナダ)などが対話ステージに参加。有力候補だったシオン(スイス)とグラーツ(オーストリア)は相次いで撤退を表明した。

北海道の地震では、札幌市内でも最大震度6弱を観測。一部地域で液状化とみられる現象が起き、住宅敷地や道路が陥没するなどの被害が出た。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]