/

この記事は会員限定です

完全養殖マグロ、世界へ 生態系保護の波に対応

[有料会員限定]

天然の水産資源に頼らない「完全養殖マグロ」を輸出する動きが広がっている。マルハニチロは年内にも欧州連合(EU)への出荷を開始、水産大手の極洋は米国に加えて欧州でも販売する。日本食ブームで人気のマグロだが、天然稚魚の減少で資源の存続が危ぶまれており、今月開かれた国際会議でも日本が主張したクロマグロの漁獲枠拡大が見送られた。生態系に配慮した食品を重視する欧州の動きもあり、完全養殖マグロが少しずつ普及する可能性もある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン