北海道地震から1週間 亡きリーダーに復興誓う

2018/9/13 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 北海道で最大震度7を観測し、41人が死亡した地震から13日で1週間。36人の犠牲者が集中した厚真町では、町を支え続けたリーダーたちも帰らぬ人となった。関係者は失った存在の大きさを痛感しつつ、町の再建に向けた一歩を踏み出そうとしている。

■町の楽団率いて

松下一彦さん(63)は町の吹奏楽団で指揮者を務めていた。楽団員で友人の矢幅敏晴さん(62)は「温厚な人柄が仲間から慕われていた。まだ亡くなったとは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]