2019年4月20日(土)

プロ野球

広島、やっと連敗脱出 打線に豪快さ戻る

2018/9/12 23:45
保存
共有
印刷
その他

広島ベンチの暗いムードを菊池の一振りが一掃した。五回先頭打者としてDeNA・東のスライダーを強振。目の覚めるようなライナー性の打球で左翼越えに放り込んだ。「重苦しかった空気がキクの一発でね。流れがこっちにくるかな、という一打だった」(緒方監督)

七回、丸が右前に適時打を放つ=共同

6連敗という数字だけが重苦しさの原因ではなかった。相手は昨年クライマックスシリーズ(CS)で苦杯をなめたDeNA。

この日6番に入った細川は2軍で芳しい成績を残してはいなかったが、昨季のCSで活躍したことを根拠に、前日昇格した。その細川に前夜は先制打、この日も先制ソロを浴びていた。昨季の悪夢がよみがえってきそうな展開だった。

前半は中軸が機能しなかった。4番鈴木は速い球に差し込まれ、遅い球にも遅れ、と絞りきれない打席が続いた。そこで出たのが菊池の一打。広島打線は空振りを恐れず、スイングするのが持ち味。全員がそれを思い出したのか、七回豪快さが戻った。

1死三塁からの丸の勝ち越し打は軽打に徹したものだったが、鈴木の中越え三塁打、松山の一、二塁間安打は本来のスイングの強さから生まれた。

「今まではエラーとか、負けるべくして負けていただけ。しっかりした戦いをすれば勝ちにつながる」と緒方監督。

2位に大差をつけ、はたからみれば長いウイニングランの過程にあるようだが、戦いの渦中にある者は一つ勝つことの難しさが身にしみ、大きな山が立ちはだかったかようにみえたはず。仮想の山であれ、ひと山乗り越えたという安堵感は大きいだろう。(篠山正幸)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

四回2死満塁で中前に2点打を放つ広島・田中広=共同

 三回1死三塁で広島の田中広が放った左飛はやや浅め。中継プレーを経た本塁でのクロスプレーは、セーフの判定を巡ってDeNAのラミレス監督がリクエストする際どいものだった。タッチをかいくぐる野間の好スライ …続き (23:15)

5回ロッテ2死二塁、中村奨が中前に適時打を放つ(20日、ZOZOマリン)=共同

【ヤクルト5―3中日】ヤクルトは3―3の九回2死満塁から、雄平の2点左前打で勝ち越した。八回のピンチをしのいだ五十嵐が3勝目で、九回を締めた石山が4セーブ目。八回に同点とした中日は鈴木博が崩れ、連勝が …続き (18:47更新)

最速159キロ。嫌な流れも強力打線も、千賀はねじ伏せた=共同

 三回の先制点の後、入りそうで入らない追加点と度重なる味方の失策。嫌な流れも西武の強力打線も、ソフトバンクの千賀はねじ伏せた。
【19日のプロ野球 結果と戦評】
 最速159キロの剛球が初回からうなりを上 …続き (19日 23:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]