/

この記事は会員限定です

タイ国王、下院選挙法を承認 5月までの総選挙へ前進

[有料会員限定]

【バンコク=小谷洋司】タイ政府は12日、下院議員選挙法を官報で公示した。ワチラロンコン国王が同法案を承認した。軍事政権が2019年2~5月に実施するとしている総選挙へ一歩前進した。タイの民政復帰に道を開く総選挙まで、法律上最長240日のカウントダウンが始まった。だが、軍政が治安維持などを口実に延期を繰り返す懸念はなお残る。

下院選挙法は公示の90日後に施行され、憲法の規定でその150日以内に総選挙...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン