2018年9月19日(水)

スー・チー氏国連総会欠席 ロヒンギャ批判回避か

東南アジア
2018/9/12 22:05
保存
共有
印刷
その他

 【ヤンゴン=共同】ミャンマーの外務省高官は12日、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が、米ニューヨークで今月開かれる国連総会に出席しないと明らかにした。イスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題での国際的な批判を回避する狙いとみられる。

 高官によると、チョー・ティン・スエ国家顧問府相らが代わりに出席し、ロヒンギャ問題を巡る政府の取り組みや国連機関との協力について説明する。

 昨年8月に治安部隊とロヒンギャの武装集団による衝突が起きて以降、72万人超のロヒンギャ難民が隣国バングラデシュに流入し、スー・チー氏の対応が不十分だと批判が高まっている。ロヒンギャ問題を取材していたロイター通信のミャンマー人記者2人が今月、国家機密法違反罪で実刑判決を受けたこともあり、国際社会のミャンマーを見る目は厳しい。

 スー・チー氏の国連総会欠席は2年連続。昨年もロヒンギャ問題での批判回避とみられていた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報