/

スー・チー氏国連総会欠席 ロヒンギャ批判回避か

【ヤンゴン=共同】ミャンマーの外務省高官は12日、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が、米ニューヨークで今月開かれる国連総会に出席しないと明らかにした。イスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題での国際的な批判を回避する狙いとみられる。

高官によると、チョー・ティン・スエ国家顧問府相らが代わりに出席し、ロヒンギャ問題を巡る政府の取り組みや国連機関との協力について説明する。

昨年8月に治安部隊とロヒンギャの武装集団による衝突が起きて以降、72万人超のロヒンギャ難民が隣国バングラデシュに流入し、スー・チー氏の対応が不十分だと批判が高まっている。ロヒンギャ問題を取材していたロイター通信のミャンマー人記者2人が今月、国家機密法違反罪で実刑判決を受けたこともあり、国際社会のミャンマーを見る目は厳しい。

スー・チー氏の国連総会欠席は2年連続。昨年もロヒンギャ問題での批判回避とみられていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン