2019年2月22日(金)

2/22 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 豪ドルが乱高下 中国の豪石炭輸入禁止など受け[有料会員限定]
  2. 2位: カナダ公的年金、日本株ヘッジファンドに投資 数百億円[有料会員限定]
  3. 3位: 中国発 原油暴落ドミノ(大機小機)
  4. 4位: 10~12月期の純利益減少率 製造業、米中で失速[有料会員限定]
  5. 5位: 日本株、出遅れ鮮明に 来期業績への不安拭えず[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,464.23 +32.74
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,440 +20

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

2月21日(木)14:20

コマツ 陸自車両の新規開発を中止[映像あり]

政投銀 東芝メモリに最大3000億円出資を検討

2月21日(木)13:00

[PR]

ポジション

フォローする

日銀「緩和強化」の柔軟対応も 世界経済リスク及ぶなら

2018/9/12 22:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

保護主義拡大による世界経済の下振れに対する警戒感が日銀内で強まってきた。経営者の心理悪化で国内景気に負の影響が及ぶリスクを心配している。そこで意味を持ちそうなのが7月末に決めた政策の柔軟性を上げる枠組み。緩和の「縮小」だけでなく「強化」も可能な内容だからだ。前者が関心を集めがちだが、リスクが顕在化するなら後者もあり得る。

「最終的には常識的な線で折り合うという想定は甘いかもしれない」。米国と中国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム