2018年9月22日(土)

埼玉県内の7~9月景況感、3期連続マイナス

南関東・静岡
2018/9/12 22:00
保存
共有
印刷
その他

 関東財務局が12日発表した法人企業景気予測調査によると、埼玉県内の7~9月期の全産業ベースの景況判断指数(BSI)はマイナス5.5だった。前回調査(4~6月期)に比べて0.2ポイント改善したが、3期連続でマイナスだった。原材料価格の高騰や人手不足に伴う人件費の上昇などが影響したとみられる。

 BSIは足元の景況が前期に比べ「上昇」と答えた企業の割合から「下降」と答えた企業の割合を引いた値。調査は8月中旬に実施し、326社から回答を得た。

 業種別では、製造業が前回のマイナス10.7からプラス2.6に改善した。化学や電気機械器具などで需要が拡大している。非製造業はマイナス10.0と前回より7.1ポイント悪化。回答企業からは「猛暑により来店客数が減少している」(小売業)などの声があった。

 規模別では大企業、中堅企業がプラスだった一方、中小企業は3.5ポイント下落のマイナス11.5と悪化が目立った。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報