2018年9月20日(木)

日本酒造り遠隔管理 パスカルがシステム発売

ネット・IT
北関東・信越
2018/9/13 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 システム開発のパスカル(長野県佐久市)は9月下旬、日本酒メーカーがスマートフォン(スマホ)を使い、原料の麹(こうじ)やもろみの温度を遠隔地で監視できるシステムを発売する。従業員が工場に常駐して温度計測している工程を自動化し、負担を軽減できる。酒造りに関するデータを一元管理することで、技術の継承も容易になるという。

 販売するシステムの名称は「麹・もろみ見張り番 楽蔵(ラクーラ)」。日本酒造りの中で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報