2018年9月26日(水)

北関東7~9月の景況感、3県とも改善 関東財務局

北関東・信越
2018/9/12 22:00
保存
共有
印刷
その他

 関東財務局が12日発表した7~9月期の法人企業景気予測調査で、北関東3県のうち栃木は景況感を示す景況判断指数(BSI)が前回(4~6月期)から上昇してプラスに転じた。茨城と群馬はマイナス圏にとどまったものの、2県とも前回から改善した。製造業、非製造業ともに北関東の景況感は改善傾向にある。

 BSIは景況感が前の期に比べ「上昇」と答えた企業の割合から「下降」との回答を割合を引いた値。全産業の7~9月期のBSIは栃木が9.2と4~6月期と比べ26ポイント上昇した。茨城は12.1ポイント上昇のマイナス3.4、群馬は9.4ポイント上昇のマイナス5.4だった。

 栃木がプラスに転じるのは2017年7~9月期以来、4四半期ぶり。製造業では自動車関連部品が持ち直したほか、非製造業では新型高級車の販売が好調に推移。猛暑の影響で家電量販店の売り上げも好調だった。茨城と群馬では、大企業のBSIがそれぞれプラスに転じた。

 調査は8月15日に実施。3県で約470社から回答を得た。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報