2019年2月24日(日)

プロ野球

巨人・杉内が現役引退を表明 「後悔の念はある」

2018/9/12 20:00
保存
共有
印刷
その他

記者会見で今季限りでの現役引退を表明する巨人の杉内投手=共同

記者会見で今季限りでの現役引退を表明する巨人の杉内投手=共同

プロ野球で通算142勝を挙げた巨人の杉内俊哉投手(37)が12日、東京都内で記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。2015年に股関節の手術を受けた後、復帰を目指す過程で左肩も痛め、16年からの3シーズンは1軍登板がなかった。

会見では「引退するほとんどの選手に、もっとできるんじゃないか、けがさえなければという後悔の念がこみ上げてくると思う。僕もその一人」と正直な心中を吐露。肩の回復具合が一進一退のなか、最終的に引退を決断して球団に伝えたのは約2週間前だという。若い選手と多くの時間を過ごすうち「心から後輩を応援するようになり、勝負師として違うかなと思った」。声を詰まらせながら、言葉を選んだ。

かつてパ・リーグでしのぎを削った松坂大輔投手(中日)とは同じ1980年生まれ。「彼をずっと追いかけてやってきた。我々のレベルを上げてくれた」というライバルとセでの再戦はかなわなかった。「心残りはある」としつつ「彼が1年でも長くできるよう応援したい」とスッキリした表情も浮かべた。

巨人のエースナンバー18番を背負った7年間を「重かったのかなとも思うが、すごく幸せだった」と笑顔で振り返った杉内投手。ともにチームを支えた内海哲也投手からねぎらいの花束を受け取ると、あふれ出る涙が止まらなかった。

杉内投手は鹿児島実高から三菱重工長崎を経て02年にダイエー(現ソフトバンク)に入団。05年に18勝で最多勝を獲得し、パ・リーグ最優秀選手(MVP)と沢村賞に輝いた。フリーエージェント(FA)で巨人へ移籍した12年には無安打無得点試合を達成し、移籍1年目から3年連続2桁勝利をマークして巨人のリーグ3連覇を支えた。通算成績は142勝77敗、防御率2.95。

日本代表ではアマ時代も含め五輪に2度、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に3度出場し、06、09年のWBC2連覇に貢献した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

3回、中越えに本塁打を放つ楽天・田中(23日、沖縄セルラー)=共同

 プロ野球のオープン戦は23日、沖縄県内で3試合が行われて開幕した。平石新監督が率いる楽天は6―3で原監督が復帰した巨人に快勝した。
 ヤクルトが8―3で阪神に、DeNAは8―4で中日にそれぞれ勝った。 …続き (23日 21:21)

 プロ野球のオープン戦は23日に沖縄県内での3試合でスタートし、3月29日のセ、パ両リーグ開幕へ向けた調整が本格化する。
 原監督が復帰した巨人は平石新監督の楽天と沖縄セルラースタジアム那覇で対戦。ヤク …続き (22日 14:56)

室内練習場でキャッチボールする日本ハム・吉田輝(22日、国頭)=共同

 日本ハムのドラフト1位ルーキー吉田輝星投手(秋田・金足農高)が22日、沖縄県国頭村での2軍キャンプで予定されていたシート打撃での登板を右前腕部に張りがあるために回避した。キャッチボールを行うなど練習 …続き (22日 11:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]