2018年9月25日(火)

景況感 初の悪化 中国5県7~9月 豪雨で生産停滞

中国・四国
2018/9/12 19:35
保存
共有
印刷
その他

 中国財務局が12日発表した中国5県の2018年7~9月期の法人企業景気予測調査は、景況判断指数(BSI)が全産業でマイナス6.9と前回調査(4~6月期)に比べ5.8ポイント悪化した。7~9月期のBSIが悪化するのは04年の調査開始以来、初めてという。西日本豪雨の影響による生産活動の停滞や観光への影響が大きかった。

 BSIは景況感が前の期に比べ「上昇」と回答した企業の割合から「下降」と回答した企業の割合を引いた値。調査は8月15日時点。

 製造業のBSIはマイナス3.1と4.9ポイント悪化。2四半期ぶりのマイナスとなった。豪雨災害による工場の操業停止や生産調整などで自動車の生産水準が低下した。台風の影響もあり、広島県では花火大会などイベントの中止も相次ぎ「弁当予約にキャンセルが発生し売り上げが減少した」(食料品製造業者)との声も聞かれた。

 非製造業のBSIはマイナス9.0と6.2ポイント悪化。豪雨以降、宿泊予約のキャンセルが相次いだほか、宴会も自粛する動きがみられた。

 全産業の10~12月期の先行きBSIはプラス9.4と改善を見込む。「インフラ復旧が進むにつれ生産活動も通常運転に戻るなど豪雨の影響が薄まるほか、年末商戦への期待もある」(中国財務局)という。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報