2018年11月20日(火)

太陽光発電 育成から競争へ 入札で買い取り価格下げ
普及には逆風の恐れも

経済
2018/9/12 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は12日の省内の審議会で、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直し案を示した。事業用の太陽光発電の原則すべてに入札制を導入し、2022年度にも1キロワット時あたりの買い取り価格を18年度の半額以下の8円程度に下げることをめざす。政策の軸足をこれまでの高額買い取りによる育成から、コスト重視の競争路線へと移す。

価格低下によって新規参入が滞れば、太陽光発電の普及に黄信号が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報