2018年9月24日(月)

高浜3号 蒸気発生器に異物 定検中に混入か

環境エネ・素材
関西
北陸
2018/9/12 19:57
保存
共有
印刷
その他

 関西電力は12日、定期検査中の高浜原子力発電所3号機(福井県高浜町)の蒸気発生器の伝熱管と支持板の間に長さ10ミリほどの異物が挟まっていたと発表した。伝熱管の壁の厚みが薄くなる「減肉」がわずかに確認されたが、運転に必要な厚みの基準値は満たしている。外部環境への放射性物質の流出はない。

 12日未明に関電が蒸気発生器にカメラを入れ、異物を発見した。異物の材質や原因については調査中だが、定期検査中だった2012年2月~16年2月の間に混入したとみられる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報