2018年9月23日(日)

災害・米通商のリスク言及 日銀金沢支店 9月、景気判断据え置き

北陸
2018/9/12 20:01
保存
共有
印刷
その他

 日銀金沢支店は12日発表した9月の金融経済月報で、「拡大している」とする北陸3県の景気判断を据え置いた。個人消費は「着実に持ち直している」とする基調判断を維持したが、台風や北海道地震といった災害の影響で「旅行の取り扱いに下押しの影響がみられる」とした。

 生産も「緩やかに増加している」とする基調判断を据え置いた一方、宮田慶一支店長は同日の記者会見で製造業を取り巻くリスクに言及した。台風21号の被害を受けた関西国際空港の閉鎖に伴い、電子部品の海外への出荷に影響が出ているという。ただ「世界需要が衰えているわけではなく、生産への影響は今のところない」とした。

 米国の保護主義的な通商政策について、宮田支店長は「海外依存度の高い北陸経済の先行きリスク」と語った。米国に輸出している自動車の国内生産が減ると工作機械や電子部品の需要にも響く可能性があり「企業マインドへの影響を注視する」とした。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報