2018年9月26日(水)

トヨタがサイドミラーレス車 量産車で世界初

自動車・機械
中部
2018/9/12 20:00
保存
共有
印刷
その他

 トヨタ自動車は12日、車のサイドミラーをカメラに置き換えて左右後方の映像をディスプレーに表示する「デジタルアウターミラー」を世界で初めて量産車に採用すると発表した。10月下旬に国内発売予定の高級車「レクサス」の新型車「ES」の一部車種に搭載する。自動車のバックミラーやサイドミラーの代わりにカメラとモニターで視界を確認する「ミラーレス車」が2016年に日欧で解禁されており、本格普及に向けて動き出す。

カメラで撮影した左右後方の映像を両側に置いたディスプレーで確認する

カメラで撮影した左右後方の映像を両側に置いたディスプレーで確認する

 車両の前面ドア外側のカメラで撮影した車両の左右後方の映像を、運転席前面の両側に置いた5インチのディスプレーに表示する。カメラ部分は水滴が付着しにくい形状にしたほか、くもりなどを防止するためにヒーターも内蔵して雨天時でも見やすくした。画像を明るく処理することで夜間でもくっきりと見える。運転者が操作して表示範囲を広げることもできるという。

 システムが万が一、故障した際には運転者に故障が分かるように知らせるほか、販売店に故障の情報が自動で送られ、速やかに修理できるような体制にしているという。

カメラで撮影した映像は夜間や雨天時の視認性も高くなる

カメラで撮影した映像は夜間や雨天時の視認性も高くなる

 サイドミラーのミラーレス車は、レクサスESの上級グレード車にオプションとして設定する。トヨタはサイドミラーが小型カメラに変わることで斜め前方の視界が広がるほか、高速道路などでの風を切る音が低減し、静粛性も高まるとしている。トヨタはすでにバックミラーではミラーレスを採用した車種を複数持つ。

 日本では16年に国土交通省が保安基準を改正し、乗用車やトラックなどでミラーレス車の製造が認められた。カメラがカバーする範囲やモニターの画質が、バックミラーやサイドミラーと同等の性能を持つことが前提で、ドライバーの違和感をなくすため、モニターの位置は従来のサイドミラーやバックミラーと「同じような位置」とするとされた。

高級車「レクサス」の新型車「ES」の一部車種で通常のサイドミラーに代えて小型カメラを採用する

高級車「レクサス」の新型車「ES」の一部車種で通常のサイドミラーに代えて小型カメラを採用する

 ミラーレス車は光学の鏡を通じて見た場合と比べて違和感を感じる人が多く慣れが必要だ。トヨタも車内のディスプレーの配置は違和感が少ないように配慮し「これまでの車からスムーズに乗り換えられるようにした」という。

 日本同様、ミラーレスが解禁された欧州でもミラーレスへのシフトが始まりそうだ。独BMWは16年、ミラーレスのコンセプト車「i8ミラーレス」を発表。独アウディも開発を表明した。

 国内メーカーではホンダが研究開発はしているものの「現時点で市販化する計画はない」という。日産自動車はバックミラーがミラーレスにも切り替わる装置を発売している。

 高級車への搭載が先行するなどコスト面では課題もある。各社が開発にしのぎを削る自動運転技術では、ミラーレス車で使う画像情報の収集と解析の仕組みが不可欠。ミラーレス車は次世代技術の試金石ともなる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報