2018年11月22日(木)

リコー、AIがマルウエア自動検知
セキュリティーで英社と提携

エレクトロニクス
2018/9/12 18:36
保存
共有
印刷
その他

リコー子会社のリコージャパン(東京・港)は12日、小規模事業者向けにセキュリティー対策サービスを発売すると発表した。セキュリティーソフト開発の英ソフォスの日本法人と連携し、AI(人工知能)でマルウエアを検知して自動で駆除する。標的型攻撃メールなどサイバー攻撃が増えているが、企業の対策は遅れている。リコージャパンの販売網を生かして需要を取り込む。

新サービス「RICOH サイバーセキュリティパック」を21日に発売し、全国展開する。ソフォスの既存サービスをもとに、単独ではセキュリティー対策を整えるのが難しい社員10人以下の事業所向けに商品化した。システムの導入からデータの復旧までを一括で支援する。2020年までに1万社への導入をめざす。

価格は基本メニューで税別39万8000円。遠隔監視や自動検知などのサービスは追加料金を払えば導入できる。19年にはリコージャパンがネットワーク環境を常に監視し、必要に応じて同社のセキュリティー技術者が駆けつけるオプションサービスを用意する。既存のサービスよりも価格を抑えて、小規模事業者に導入を促す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報