/

この記事は会員限定です

トヨタ系列再編、戦う相手は

論説委員 奥平 和行

[有料会員限定]

トヨタ自動車が6月に全面改良した高級乗用車「クラウン」。15代目となる新型車の売り物のひとつが安全装備の充実だ。全車を「つながる車」にする戦略の影に隠れて注目度はいまひとつだったものの、自動ブレーキや車線維持といった機能を組み合わせた安全システムを改良し、自転車と夜間の歩行者も検知できるようにした。

こうした技術は自動運転と親和性が高く、世界的な開発競争が激しくなっている。自動車メーカーが開発しているというの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン