2018年9月19日(水)

原子力機構、プルトニウム利用方針を報告 譲渡検討

科学&新技術
2018/9/12 17:42
保存
共有
印刷
その他

 日本原子力研究開発機構は12日、所有するプルトニウムについて削減に向けた利用方針を内閣府の原子力委員会に報告した。研究用に利用できるプルトニウムは同機構の施設で保管するほか、国内外への譲渡を目指すとした。利用できないものは廃棄など処分を検討する。

 同機構は日本が国内外に所有する約47トンのプルトニウムのうち約5トンを所有する。高速炉開発研究や使用済み核燃料を再処理した際に生じたものだ。ただ、国内外で進めるという譲渡について同機構は「現時点で具体的な計画はない」とした。

 日本のプルトニウムを巡っては核不拡散の観点から米国が削減を求めている。原子力委も7月31日に「プルトニウムの保有量を減少させる」と明記した新たな指針を策定。電力会社などに対応を求めていた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報