/

この記事は会員限定です

訪日客急増の「空中庭園」 売りは景色より建築技術

[有料会員限定]

景色よりも技術を前面に──。2018年7月に新装した梅田スカイビル・空中庭園展望台(大阪市)の改修方針だ。25年余り前の建設時、2棟の超高層ビル間の頂部に巨大庭園を丸ごとつり上げた「リフトアップ」。この刺激に満ちた施工方法こそが集客の売り物になると考えた。

世界の建築トップ20入り

空中庭園展望台の年間入場者数は、開業3年目の1995年以降、漸減し続けていた。それが開業から20年以上もたった15...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン