2018年9月26日(水)

9/26 14:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  3. 3位: 東証10時 小安い、値がさ株の上げ支え 自動車は下げ目立つ
  4. 4位: 東証前引け 小幅続伸、値がさ株が押し上げ 配当落ち分を埋める
  5. 5位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,865,236億円
  • 東証2部 92,613億円
  • ジャスダック 103,102億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.37倍 --
株価収益率15.22倍15.49倍
株式益回り6.56%6.45%
配当利回り1.60% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,004.53 +64.27
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,010 +270

[PR]

スクランブル

フォローする

守り重視で低変動株 貿易戦争に備え着々
証券部 植出勇輝

2018/9/12 17:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日経平均株価は2万2000円台で膠着する。好調な企業業績が相場を支える一方で貿易戦争への懸念が上値を抑え、ボックス圏から抜け出せない。少しでも高い運用成績を求めて資金が向かっているのが株価の変動率が低い銘柄だ。食品や医薬品といった業績が安定している「ディフェンシブ銘柄」から低変動銘柄へ、守りの投資が広がっている。

 12日はホンダや信越化学工業といった外需株を中心に売られ、日経平均は前日比0.3%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム