/

この記事は会員限定です

小さくて大きな文言の変化 景気も「持続性」に軸足

[有料会員限定]

「景気刺激」から「好景気持続」へ――。景気の過熱度合いの目安となる需給ギャップの表現に、日銀が金融政策運営の軸足を移し始めたことがうかがわれる。黒田東彦総裁らは「プラスの状況をできるだけしっかりと続けていく」と話すようになった。トーンの変化は微妙だが、今後の政策運営に重要な意味を持つ。

需給ギャップは黒田総裁が2013年に異次元緩和を始めてから物価の基調を決める重要な要素としてきた。需給ギャップがプラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン