9/25 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 企業統治の根幹に疑義 議決権不適切集計[有料会員限定]
  2. 2位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ小反発52ドル高 ハイテク株上昇、景気懸念は重荷
  4. 4位: 金融庁総合政策局長「顧客本位の業務運営、定着道半ば」[有料会員限定]
  5. 5位: 米株安横目、粘る日本株 「3低」バネに伸びしろ期待[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

日銀ウオッチ

フォローする

小さくて大きな文言の変化 景気も「持続性」に軸足

2018/9/13 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「景気刺激」から「好景気持続」へ――。景気の過熱度合いの目安となる需給ギャップの表現に、日銀が金融政策運営の軸足を移し始めたことがうかがわれる。黒田東彦総裁らは「プラスの状況をできるだけしっかりと続けていく」と話すようになった。トーンの変化は微妙だが、今後の政策運営に重要な意味を持つ。

需給ギャップは黒田総裁が2013年に異次元緩和を始めてから物価の基調を決める重要な要素としてきた。需給ギャップ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

日銀ウオッチ 一覧

フォローする

読まれたコラム