2018年9月23日(日)

日本企業のクラウド移行、世界より遅れているが前進中

科学&新技術
BP速報
2018/9/12 23:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

「あなたの組織では、基幹システムをクラウドに移行する計画はありますか?」に対する回答(提供:日本リミニストリート)

「あなたの組織では、基幹システムをクラウドに移行する計画はありますか?」に対する回答(提供:日本リミニストリート)

 統合基幹業務システム(ERP)やデータベースの第3者サポートを提供する米リミニストリートの日本法人である日本リミニストリートは2018年9月11日、世界15カ国で実施した「IT投資に関する意識調査」の結果を発表した。基幹システムのクラウドへの移行計画を尋ねたところ、クラウド移行を「既に開始している」企業は、世界平均が31%だったのに対して、日本企業は16%。クラウド移行について「予定はない」も含めた「具体的な計画がない」企業は、世界平均が24%に対して日本企業は40%だった。

 日本リミニストリートは調査結果について、「日本企業の基幹システムのクラウド移行は世界平均から遅れがち」と分析。ただし「クラウド移行の計画は立てているが、予算は決まっていない」は世界平均の17%に対して日本企業は20%で、今後、クラウド移行を進める企業が増える傾向が見えた。

「基幹システムのクラウド移行はいつまでに完了する予定ですか?」に対する回答(提供:日本リミニストリート)

「基幹システムのクラウド移行はいつまでに完了する予定ですか?」に対する回答(提供:日本リミニストリート)

 調査ではクラウド移行の予定がある企業に対して、移行完了時期も尋ねた。クラウドへの移行完了時期が「3年未満」と短かった企業は世界平均が20%だったのに対し、日本企業は7%と世界で最も低かった。一方で「3~4年」は世界平均が65%に対し、日本企業は61%で大きな差はなかった。この点について日本リミニストリートは「日本企業のクラウド移行は遅れているものの、着実に前進していると考えられる」としている。

 調査は18年の1~3月に、世界900社の企業のCIO(最高情報責任者)やIT部門のトップ、財務部門の意思決定者に対して行った。基幹システムのクラウド移行のほかにも、イノベーションに関するIT投資の動向などを尋ねた。

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 島田優子)

[日経 xTECH 2018年9月11日掲載]

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報