/

トレンドマイクロ、ブラウザー履歴収集を認める

日経クロステック

トレンドマイクロは2018年9月11日、同社のMac向けアプリケーションが許可なく中国にあるサーバーにユーザーのデータを送信しているという一部の報道を否定した。一方、アプリがウェブブラウザーの履歴を収集してトレンドマイクロのサーバーに送っていることは認め、今後は同機能を削除する方針を示した。

トレンドマイクロは同社製アプリによる情報収集についてコメントを発表した

今回問題となったのは、トレンドマイクロがMac向けのアプリストアで公開していた「Dr. Cleaner」「Dr. Cleaner Pro」「Dr. Antivirus」「Dr. Unarchiver」「Dr. Battery」「Duplicate Finder」の各製品。米国のセキュリティー技術者が、これらの製品の動作を検証しウェブブラウザーの履歴といった情報をユーザーに無断で中国のサーバーに送っていると指摘した。

これらの指摘を受けて、トレンドマイクロがコメントを正式に発表した。それによると、これらの製品がウェブブラウザーの履歴についてスナップショットの形でアップロードしたことは事実だが、あくまで「ユーザーが最近アドウエアなどの脅威に遭遇したか」というセキュリティー上の目的のためで、送信するのはインストール後の1回だけだとしている。データは中国のサーバーではなく、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のクラウド経由でトレンドマイクロが管理する米国のサーバーで収集していたという。

加えて、ブラウザー履歴を利用することは、インストール時に提示するライセンス条項(EULA)で明示していると主張する。ただしトレンドマイクロは、ユーザーからの懸念を受けてこの履歴機能の削除を決めたことも明らかにした。

(日経 xTECH/日経NETWORK 根本浩之)

[日経 xTECH 2018年9月11日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン