2019年6月25日(火)

スペシャル

フォローする

全米テニス、セリーナが提起した米国の人権問題

(1/2ページ)
2018/9/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

大坂なおみ(20、日清食品)の日本勢初の四大大会優勝で、今年の全米オープンテニスは幕を下ろした。その女子シングルス決勝は、史上最多の四大大会24勝目、母親になって初めての優勝を狙っていたセリーナ・ウィリアムズ(米国)が荒れに荒れ、再三の規則違反を犯した試合としてテニス史に残るものとなった。大坂に気の毒という意見で一致する一方、米国内ではセリーナを批判する声ばかりではない。

表彰式でもブーイングが鳴りやまなかった。かろうじてセリーナが大坂をたたえる言葉とともに自制を促し、式を終えると、米国テニス協会(USTA)のカトリーナ・アダムス会長は即座に「セリーナは表彰台で素晴らしいスポーツマンシップを見せてくれた」との声明を出した。

「男子との扱われ方に差」

大会会場の名前になっている四大大会12勝のビリー・ジーン・キング(7月に日本で公開された映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のモデル)さんは「黒人女性がリーダーシップに至るまでの道が、きょうほど閉じられていると思った日はない」とし、「セリーナと男子選手との扱われ方には差がある」と批判した。女子テニス協会(WTA)も、その意見に賛同した。

セリーナを擁護する声に日本人は違和感を感じるかもしれないが、米国ではそうではない。「セリーナの怒りは当然だし、彼女はもっと擁護されて当然よ。だって女性が怒ったらヒステリーといわれるのがこの国だから。ましてそれが黒人女性だったら……。その大変さは想像を絶する」と、ある白人米国人女性に言われた。

試合を終え退場するラモス主審(左から2人目)=AP

試合を終え退場するラモス主審(左から2人目)=AP

その代わりではないが、非難の嵐を受けているのが主審だったカルロス・ラモス氏(ポルトガル)だ。すべての四大大会決勝や、2012年ロンドン五輪の男子決勝の主審も務めたベテラン審判に対し、ラケットをたたき割った場面は仕方ないとしても、「そのほかの違反は罰則を与える前に『これ以上やると……』と注意をすべきだった」というものだ。

事の次第はこうだ。大坂が第1セットを先取した後の第2セット第2ゲーム。セリーナのコーチが観客席で見せた両手でのジェスチャーが、選手へのアドバイスとみなされて「試合中のコーチング」で1度目の警告をとられた。このジェスチャーを見ていなかったらしいセリーナは主審に詰め寄った。ただ、コーチは米ケーブル局ESPNの取材にコーチングを認めたうえで、「誰もがやっている」と答えている。

続いて第5ゲーム、大坂にブレークバックされてセリーナはラケットをたたきつけて壊してしまう。これで自動的に2度目の警告となり、1ポイントが大坂へ渡った。まだまだ怒りが収まらなかったか、第7ゲームの後、「女性が怒るとみんなひどい扱いをする。男性にはしないじゃないの。私からポイントをとりあげるなんて、泥棒」と叫んだセリーナに対し、「暴言」で3度目の警告。第8ゲームはプレーせずに大坂のものになった。もし4度目の警告を受けていたら、その時点でゲームセットになっていた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

テニスコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
NBAのドラフト会議でウィザーズから日本人初となる1巡目指名を受け、笑顔で天を指さす八村(NBAE提供)=ゲッティ共同ゲッティ共同

 「クラスメートにバスケ部の子がいて、その子が『来い来い』ってしつこくて(笑)」
 2010年4月、八村塁は富山市立奥田中学に入学。同じクラスとなり、春休みからバスケットボール部の練習に参加していた岡山 …続き (6/24)

カナダ勢で初めてNBAの頂点に立ち、優勝トロフィーを掲げて喜ぶラプターズの選手ら=APAP

 2018~19年シーズンの米プロバスケットボールNBA王者を決めるファイナル(決勝)で、トロント・ラプターズが初優勝を果たした。6月13日、3勝2敗と王手をかけて迎えた敵地での第6戦で、3連覇を狙っ …続き (6/17)

 3月末に公務員ランナーを卒業した川内優輝(32、あいおいニッセイ同和損保)がプロに転向して活動の場を広げている。全国津々浦々、毎週のようにレースを重ねてきたスタイルを生かして地域に貢献。市民ランナー …続き (5/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]