スペシャル

フォローする

全米テニス、セリーナが提起した米国の人権問題

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2018/9/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

大坂なおみ(20、日清食品)の日本勢初の四大大会優勝で、今年の全米オープンテニスは幕を下ろした。その女子シングルス決勝は、史上最多の四大大会24勝目、母親になって初めての優勝を狙っていたセリーナ・ウィリアムズ(米国)が荒れに荒れ、再三の規則違反を犯した試合としてテニス史に残るものとなった。大坂に気の毒という意見で一致する一方、米国内ではセリーナを批判する声ばかりではない。

表彰式でもブーイングが…

保存
共有
印刷
その他

テニスコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
八村は3日の戦線復帰後も好調を保つ=共同共同

 「プレーオフ(進出)を決めるためには大事な一戦。しっかりと勝っていかなければいけないなと思います」
 23日の米プロバスケットボールNBA、シカゴ・ブルズ戦を前に、ワシントン・ウィザーズの八村塁はそん …続き (2/24)

ダンクシュートを決めるレーカーズのブライアント氏(09年2月)=APAP

 テレビ出演したシャキール・オニールは、26日に事故死したコービー・ブライアントの思い出を語り始めると、大粒の涙が頬をつたい始めたにもかかわらず、それを拭うことなく話を続けた。
 コービーをトレードで獲 …続き (2/3)

約2年半ぶりに日本代表に復帰した大崎

 女子バスケットボールで2016年リオデジャネイロ五輪に出場したセンター大崎(旧姓間宮)佑圭(29)が、出産を経て約2年半ぶりに日本代表に復帰した。18年末の長女誕生に合わせて事実上引退し、今季はWリ …続き (2/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]