2019年2月17日(日)

サッカー

中島、南野、堂安の前線躍動 森保ジャパン初陣飾る

2018/9/11 23:18
保存
共有
印刷
その他

先発のうち8人は国際Aマッチ出場が2桁に届かない。真打ちはまだここにいないのでは、と安くみられそうな顔ぶれではある。「特別と感じた部分もあったし、特別に思っていない自分もいた」と語った森保監督その人もフル代表監督としては初陣だった。

後半、2点目のゴールを決める南野(11日、パナソニックスタジアム吹田)=目良友樹撮影

後半、2点目のゴールを決める南野(11日、パナソニックスタジアム吹田)=目良友樹撮影

2016年リオデジャネイロ五輪世代の中島と南野、さらに若い堂安を組み合わせた前線のユニットには、若いなりのキビキビした良さがある。

3人に共通するのは欧州で一人前に戦っていること。代表に置いてみてもプレーに自信がにじみ出ていた。ボールを受けていくつかの選択肢があるとき、簡単なプレーに逃げない。自らで何かをなそうとし、窮屈なエリアでも突っかけ、パスを通そうとする。

それが顕著に表れていたのが中島だった。寄せてくる相手を寸先でかわすのが生きざまだとばかりに、ドリブルにドリブルを重ねて局面を破った。南野も意欲的にゴールへ向かい、遠藤が挑戦的なパスを狙う。後方からは青山が判断のいいダイレクトパスで若武者らを引き立てた。

39分、遠藤の前へのパスから始まり南野がシュート。66分のゴールは、中島がタメをつくった間に裏へ抜けた遠藤からの折り返しを南野が決めた。ダイナミズムにあふれる攻撃シーンは一再にとどまらない。

「自分の良さを発揮するためにも、周りを生かし、周りによってつながっていこうと。チーム全体としてアグレッシブな戦いができた」と森保監督。「個」も協調も求めるまじめな頭領のもと、今はまだ地味めのメンバーがみせたアグレッシブさが、新たな一歩を踏み出した代表へ期待を抱かせる。(岸名章友)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

前半、浦和のマウリシオ(左)と競り合う川崎・レアンドロダミアン=共同

 ボールを転がして勝ってきた川崎の前線に、ターゲットマンを置いたらどうなるか。味方にとってわかりやすい的は相手の標的にもされやすい。場所ふさぎなだけなら、いないほうがいいのでは。そんな心配は杞憂(きゆ …続き (16日 19:49)

後半、先制点を決める川崎のレアンドロダミアン(右)=今井拓也撮影

 Jリーグのシーズン到来を告げる富士ゼロックス・スーパーカップは16日、埼玉スタジアムで行われ、昨季J1で2連覇を果たした川崎が天皇杯全日本選手権覇者の浦和を1―0で破り、初優勝した。賞金は川崎が3千 …続き (16日 15:58)

FCマルヤス岡崎での現役復帰を表明した元サッカー日本代表の森山泰行氏

 元サッカー日本代表で、Jリーグ1部(J1)名古屋グランパスなどで活躍した森山泰行氏(49)が15日、愛知県岡崎市で記者会見し、現役復帰を発表した。
 日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎 …続き (15日 19:40)

ハイライト・スポーツ

[PR]