2018年11月20日(火)

関電の停電1万戸割り込む 台風1週間で

台風21号
環境エネ・素材
関西
2018/9/11 22:30
保存
共有
印刷
その他

関西電力は11日、台風21号の影響による停電の未復旧が午後3時現在で約6780戸に減ったと発表した。強烈な雨と風による送電網の損傷で大規模停電が発生してから11日で1週間が経過した。延べ225万戸で発生した停電は1万戸を割るまで減少した。一方で和歌山県や京都府を中心に5830戸は12日以降も停電が解消せず、全面復旧には長期の時間を要する。

和歌山県では12日以降も未復旧全体の65%を占める3780戸、京都府では30%にあたる1760戸で停電が続く見通しだ。山間部で土砂崩れにより道路が不通となるなどして復旧作業が難しい場所が多い。関電は周辺の他電力に加え東京電力からも応援を得て停電の解消を急いでいる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報