/

北海道地震、断層帯との関係「否定できず」 調査委が修正

北海道で震度7を観測した地震について政府の地震調査委員会は11日、震源の付近にある活断層「石狩低地東縁断層帯」が関係していた可能性を否定できないとする見解を示した。震源の深さが約37キロメートルと深いため、当初は地下深くにある別の断層が動いたとみていた。余震活動のデータなどから、同断層帯の一部が動いた可能性があるという。

余震の発生状況などを分析すると、地震を引き起こした断層の上端が深さ約15キロメートルに達した可能性があり、浅い場所までずれていたことがわかった。平田直委員長は「石狩低地東縁断層帯の深部が動いた可能性を否定できない」と話し、当初の見解を修正した。

石狩低地東縁断層帯の南部はマグニチュード(M)7.7以上の地震を発生させる恐れがあるとされる。6日の地震をきっかけに本格的に活動する可能性も否定できず、調査委は動向を注視している。11日の会合で調査委は、震源の真上付近の地表が最大で約7センチメートル隆起していたことも明らかにした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン