2018年11月21日(水)

静岡・沼津の「海上釣り堀」人気 養殖業を盛り上げる
現場から地方創生

サービス・食品
南関東・静岡
2018/9/11 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県沼津市は入り組んだ海岸線を生かして、魚の養殖業が盛んだが、衰退の危機に直面している。そんななか、同市内浦の内浦運輸は、養殖業を盛り上げようと「釣り堀」の運営を支援。魚の大きさや新鮮さをアピールして、年間5000人以上が訪れる人気スポットに成長した。

内浦の海岸から船で約10分。海上に設けられた釣り堀では、絶え間なく魚を釣り上げた歓声があがる。魚はワラサなど大物ばかり。「きょうの夕飯は決まり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正>11日22時に掲載した「現場から地方創生」の記事中、「内浦運輸が釣り堀の運営に参入」とあったのは「丸高水産、マルセイ水産が運営する釣り堀を内浦運輸が支援」の誤りでした。(2018/9/13 16:26)

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報