2018年11月14日(水)

行田ケーブル、18年10月から光回線導入

ネット・IT
南関東・静岡
2018/9/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

行田ケーブルテレビ(埼玉県行田市)は10月から光回線を導入する。NTT東日本が提供する「フレッツ光」を活用し、1本の光回線でテレビ放送やインターネット、電話などのサービスが利用できるようにする。サービスの提供範囲も従来の市中心部約1万5000世帯から全域の約3万4000世帯に拡大する。

同局は1992年からケーブルテレビの放送や通信サービスを提供しており、近年は敷設した同軸ケーブルの老朽化が進んでいる。NTT東の光ケーブル網を活用することで維持費の削減や4K・8K放送などへの対応がしやすくなると判断した。同軸ケーブルは2023年12月までにすべて光回線に移行する見通し。

販売形式はNTT東がフレッツ光を同局に卸売りし、同局が「ぎょうだ光」のサービス名称で販売する。月額利用料金はケーブルテレビの利用者なら基本的に据え置くが、初期費用として数千~数万円の工事費などが必要になる。

同軸ケーブルの老朽化は地方のケーブルテレビ局に共通した課題で、県内では狭山ケーブルテレビ(狭山市)もNTT東の光回線を導入している。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報