2018年11月20日(火)

大泉工場、発酵飲料「コンブチャ」の販路拡大

サービス・食品
南関東・静岡
2018/9/11 20:46
保存
共有
印刷
その他

業務用調理器具を輸入販売する大泉工場(埼玉県川口市)は発酵飲料「コンブチャ」の外販を始めた。従来は東京・西麻布の直営店のみで扱っていたが、女性消費者の購入が見込めるとして、飲食店やスポーツジムなどに販路を広げる。2019年3月までに50店舗での取り扱いを目指す。

「KOMBUCHA SHIP」の名称で、8月から東京や神奈川、大阪の飲食店などで扱い始めた。常設の飲料メニューで同社のコンブチャを販売している。

ユズやレモングラスなど3種類を定番メニューとして用意するほか、取扱店の要望に応じて香りや味も変えられるという。「気分転換に従業員に飲んでもらえる」(同社)として、オフィスへの販路開拓も狙う。

17年春に開業したコンブチャの直営店では、30代の女性を中心にリピーター客を獲得しているという。昨秋には本社の敷地内に醸造所を設けた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報