2018年11月20日(火)

ファインデックス、新卒を通年採用 入社時期も選択可能

働き方改革
中国・四国
2018/9/11 20:24
保存
共有
印刷
その他

医療システム開発のファインデックスは、春に行っている新卒一括採用を通年での採用に切り替える。2020年4月以降入社が対象で、9月から募集を開始する。入社のタイミングは複数の時期から内定者が選択できる。学生にとっては企業の採用スケジュールに縛られず柔軟に過ごせるメリットがある。同社は多様な人材の獲得につなげる狙いだ。

ファインデックスは新卒の通年採用を始める(松山市内のオフィス)

新卒採用を巡っては、経団連の中西宏明会長が就職活動の時期などを決める「就活ルール」の廃止に言及し議論となっている。ファインデックスは以前から新卒通年採用の導入を検討していたが、「今回の言及もきっかけの1つ」(人事担当者)と認めている。

ファインデックスの新しい採用制度は、新卒者と大学卒業後3年以内の既卒者を対象とする。大学3年生の4月以降の応募を想定している。入社のタイミングは、卒業後1年以内の4、8、10、2月から選択できる。

例えば大学3年生の4月に内定し、4年生の3月の卒業から約1年後の2月に入社することも可能。学生時代は学業やサークル活動、アルバイトなどに専念できる。卒業後の最長10カ月程度は旅行や留学、ワーキングホリデーなどに挑戦できる。ファインデックスは「秋卒業の学生もスムーズに就職でき、既卒者も採用活動に挑戦できる機会が増える。幅広い人材が集まれば企業にとっては大きなメリットになる」としている。

同社は17年には11人の新卒採用を実施。一方で中途採用はこれまでも通年で行っており、同年に25人を採用している。担当者は「年1回だった集合研修を4回に増やすくらいで、新卒通年採用を導入してもコストはあまり増えない」と話す。

ファインデックスは5月には有給の長期休暇制度「サバティカル休暇」を導入。優秀な人材確保に向けて、柔軟な人事制度の構築を進めている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報