2018年9月24日(月)

シェアサイクルを災害時に活用 品川区、ドコモ系と

東京
2018/9/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

 東京都品川区は災害時にシェアサイクルを活用する協定を運営会社のドコモ・バイクシェア(東京・港)と結んだ。職員の避難所などへの移動に自転車を利用できるようにする。自治体が同社と同様の協定を結ぶのは都内で初めてという。

災害時に品川区の職員がシェアサイクルの拠点から自転車を利用できるようにする

 同区は4月から臨海部の港、中央など7区とシェアサイクルの相互乗り入れ事業を始めた。区内に約30カ所あるサイクルポートの自転車を、災害時には区職員に限定して開放する。

 災害時に自転車の利用手続きができるICカードを区役所や出先機関に配る予定だ。電柱が倒れるなど車が道路を通行できない場合、自転車で被災現場に駆けつけたり、区内外の行政機関と連絡を取り合ったりする。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報